ネットで買物、これだけは気をつけよう

インターネットで商品を買うときの注意するべきところを紹介します。

代金引換

料金の支払い方法に代金引換が指定できるところを利用しましょう。これは商品到着時に宅配業者のかたに代金を支払う方法です。唯一の後払い方法でもあります。銀行振込やクレジットカードでの支払いですと商品を受け取る前に支払いをしないといけないため、商品が送られてこないといったトラブルになる可能性があります。ただ代金引換の場合は引換え料として数百円が余分にかかります。初めて利用する店舗では代金引換をして、何度か購入経験のある店舗には銀行振込みやクレジットカードを利用する方法をオススメします。

実績のあるショッピングサイトを利用する

インターネット上で買い物できるサイトは大きく分けて次の2つに分かれます。

  • 楽天市場など実績のあるショッピングモールサイトに登録している。
  • 独自のサイトを持ちその中でお買い物ページを作っている。楽天市場など大手のショッピングモールサイトは比較的安全です。

これらのサイトに登録されている店舗は登録時に審査をされています。その審査に通った店舗だけが出店を許可されるのです。独自にショッピングサイトを運営しているところでも大抵の店舗は問題ありませんが、一部そうでない店舗もあります。こちらはサイトを作成する能力かお金さえ持っていれば誰の許可も必要なく運営できます。ここがショッピングモールサイトとの大きな違いです。

ショッピングモールサイトに出店している店舗でも問題の無いサイトが絶対に無いとは言えませんが、やはり独自にサイトを開いているサイトのほうが信用度は低くなってしまいます。

商品は欲しいけど相手のことが分からない時は別のサイトを探しましょう。購入したいのであれば代金引換払いを利用しましょう。

また消費者からの感想を読めるところもありますので、そういった声を参考にする方法もあります。

独自にショッピングモールサイトを運営しているサイトで有名なところに、イオンショップがあります。こちらはその名の通りイオンが運営しています。イオンには実際にお店に出向いたことのある方も多いのではないかと思います。ちなみにワーナーマイカルシネマーズでお馴染みのサティやビブレもイオングループです。

保存しておく

インターネットショッピングで購入をした時は確認のメールなどが送られてきますが捨てないでおきましょう。また購入画面をプリントアウトしておくのもいいです。これらは証拠として手元においておくためです。問題なく商品を受け取り、代金の支払いを済ませたあとはご自由にしてください。
ほとんどのサイトではこんなことをしなくても問題なく取引が成立するので不要なのですが、万が一のことを考えてとりあえず保存しておくことをお勧めします。

注意するところといってもこの程度ですね。あとは、商品が本当にお買い得なのかどうかなどはご自分の判断で行ってください。こればっかりは個人の考え方などが左右されますからね。

インターネットショッピングのデメリット

利点の逆、デメリットを考えてみましょう。

インターネットショップの多くは、商品をクロネコなどの宅配業者を使って送ってきます。そのため商品の代金の他に送料が必要になります。送料はショップによって異なっており、それぞれに送料が記載されておりますので購入前に確認する必要があります。ただショップによっては○○円以上は送料無料というところもあります。またわざわざお店に出向いて持って帰るという手間や時間を考えたら、手間代としてはちょうど良い金額だと思えます。(商品にもよりますけど)

通常、店舗などに出向いて商品を購入した場合はその場で手元に入りますが、インターネットショップの場合、何日か待たないと手元に入りません。といっても2?3日程度です(業者にもよりますけど)。ですので今すぐ手元に必要な人にはオススメできないかもしれません。ですが、次の休日にならないと買い物に行けないような場合には、結果的に買いに行くよりも早く手に入ることにもなりますよね。まぁこの程度の問題です。在庫切れの場合は明記されているハズです。

インターネットショップを利用する時に最も気にかかる点は「相手が信用できるのか?」といったことでしょう。代金を振り込んだのに商品が送られてこなかった。とか注文したものと違うものが届いた。などなど。
まずインターネットで買い物をする時の基本中の基本です。相手のことを信用できないのであれば「代金引換」が可能か調べることです。これは宅配されてきた時に、宅配業者のかたから商品を受け取ると同時に宅配業者のかたへお金を支払う方法です。これならば確実に商品はあなたの手元に届いていますよね。

注文したものと違うものが届いた場合は、業者に連絡をとりましょう。大抵の場合は業者側のミスなので取り換えてもらえます。ただし箱は絶対に空けないでください。商品によっては普通のダンボール箱の中に商品が入っていることがあります。この場合は外見だけでは判断がつかないでしょうから、ダンボールは開封します。ですがその中の商品にだけは手をつけてはなりません。話がややこしくなります。

それと、インターネットショップの場合は、「実際の商品を手にして考える」ということができません。画像を表示したり詳細な仕様が書かれているくらいです。ですが商品によっては特に問題にならない要素でもあります。いつも使っているもの、お店に行って見たことのあるもの、友人知人が持っているものなどであれば、もともとその商品のことを知っていますので迷うこともないですね。

インターネットショップのデメリットの部分を説明しましたが、なんだか解決してしまいましたね。私自身何度もインターネットで商品を購入していますが、何のトラブルもなく続いています。

大手の楽天市場やヤフーショッピングやアマゾンドットコムなどならまず安心して購入することができると思います。また、現実に店舗を有しているイオンショップ も安心感がありオススメです。

私自身、仕事の都合で楽天市場とヤフーショッピングに出店するための資料を取り寄せて勉強したことがあるのですが、出店する店舗に対して厳しい基準を持っており、それに満たない店舗や企業は出店を断られるようになっています。

別の言い方をするならば「楽天やヤフーが認めたショップ」ということになるのではないでしょうか?

最近私は店舗に行っても商品を購入しなくなりました。私の中では通常の店舗というのは一種のショールームとなっています。ショールームに行って商品を確認して良いと思ったらインターネットショップで買うのです。

そのほうが、あちこちのお店でバラバラのポイントを貯めるよりずっと効率的ですし、上でいろいろ紹介してきたメリットがあるので、お得で楽だと思います。

また雑誌なんかを読んでいて、欲しい商品が見つかった時もインターネットショップを使います。こんな田舎の店舗で売っているか売っていないかと、あちこち探し回る時間があれば、商品到着までの数日を待つほうが時間を有効に使えますからね。

そして買い物に行く時間を節約したことにより、このサイトを更新するのに使える時間が多くなるのです。

節約するのはお金だけではなく、時間がどれだけ節約できるかを考える必要もあると思っています。時間を使うということは結果として交通費も余分に使っているからです。そしてその時間に生まれるべきものが生まれないといった状況にもなりますよね。

インターネットショッピングのメリット

私の場合、田舎に住んでいることもあり商品の数が多いことは非常に魅力的です。

自動車で1時間(半径60Km程度)以内にあるお店に行っても、欲しいものが無いために何も買わずに帰ってくることはよくあります。また仮に買ったとしても、本当に欲しいものではなく代替製品を買わなければならないこともよくあります。

その点インターネットショップであれば、欲しいと思ったものが東京や大阪まで出向く必要もなく家にいながらにして購入することができるのです。お店は24時間休むことなく開いていますし、インターネットができる場所であれば、どこにいても購入することができます。会社の昼休みに10分程度で東京のお店で買い物をすることだってできるのです。

そしてインターネットで購入すると、いろいろな意味で安く購入することができるようになるのです。ショップによっては商品自体の値段を安くしているところもあります。その上お小遣いサイトでも紹介していますが、お小遣いサイトを経由して購入した商品は金額に応じてお小遣いサイトのポイントになるのです。ということはその場では割引にはなりませんが、ポイントになった分だけお小遣いサイトからあなたのところに戻ってきます。また楽天市場などでは、購入した金額に対してポイントが付くようになっています。そしてこのポイントは次に商品を購入する時に利用できるのです。いちいち一定のポイントを貯めて使う、なんてことはなく持っているポイントの分だけすぐに使うことができるのです。使いたくなければその次に持ち越すことだってできます。

そうこうして購入した商品は、2~3日待っていれば宅配されてきます。業者によってもう少し時間がかかる時もありますので、一応購入するサイトで確認は必要です。

ここまでが、インターネットショップの利点です。

インターネットショッピングとは?

インターネットで買い物をしたことはあるでしょうか?
インターネット上には様々なお店があります。

まず、インターネットショップの良いところを挙げましょう。

  • 24時間いつでも利用できる
  • 商品の点数が多い。なんでも揃っている。
  • 安い金額で購入することができる
  • お店に出向く必要がなく、家まで届けてくれる

次に、良くないところを挙げましょう。

  • 送料がかかる場合はそれを考慮して買う必要がある
  • 注文後、商品到着までに2〜3日程度かかる
  • お店自体の信用度を考慮する必要がある
  • 商品自体を手にして見ることができない

人によっては他にもあるかもしれませんが、私はこれだけで充分に魅力を感じます。

ネットショッピングを活用する

最近インターネット上に店舗をオープンするお店が増えてきました。またプロ野球参入で話題になった楽天株式会社の影響で、【楽天市場】という日本最大のショッピングモールの存在を知ったかたも多いのではないでしょうか。

楽天がプロ野球入りする、というより、そのニュースの影響でネットショッピングに対するイメージがかなり良くなったのではと思います。

ネットショッピングについてはインターネットショッピングとは? をお読み頂ければと思います。

かいつまんで紹介すると、次のような内容になります。
ネットで商品を購入する場合、送料が必要になることがあります。送料の分だけ割高になってしまうこともあります。でも実際に店舗に買いに行くことを考えると、送料は高いとは思えません。お店に買いに行くと、ガソリン代や電車代が必要です。近所に目的のお店がある人ってなかなかいないでしょう。そしてお店について、欲しいものが品切れだったり、取り扱っていなくて、何もせずに帰ってくることもしばしばあることです。田舎では特に店舗の規模が小さいこともあり、そんなことは日常茶飯事のことです。

その点、ネットショップなら、沖縄にいながらにして、北海道のカニを購入することだってできます。距離は関係ありません。品切れになっていれば、別の売っているサイトを探せばいいだけですね。

ネットショッピングを利用することで、時間もお金も大きく節約することができます。例え送料で割高になっても、交通費と時間を考えれば、逆に安い買物だと思います。

あと、1500円以上の本をよく購入する方は、楽天ブックス やアマゾンドットコムなら送料無料ですので、さらにお得です。

ネット銀行に貯金する

低金利時代と言われている昨今ですが、都市銀行、地方銀行のどこよりも利息が多い銀行があるんです。
いわゆるネット銀行と呼ばれるもので、【楽天銀行】と【ジャパンネット銀行】という銀行があります。Yahooオークションなどをよく利用される方でしたら、決済銀行の欄に書かれているのを見たことがあるのではないでしょうか。

なんとこのネット銀行は振込手数料も安く、専用のキャッシュカードを発行してもらうと、郵便局のATMで入出金が行えるようになります。